商品品質


  • スカンディアモスはコケの固定材として松葉を使用しており、万が一枯れても落ちないようになっております。製品から松葉が出てきても不良品ではございません。
  • スカンディアモスは天然素材のため、量にばらつきがございます。そのため表面に凹凸があり、均一ではございません。予めご了承ください。

メンテナンス


  • 水やりや光に当てるなどのメンテナンスは必要ありません。
  • 栄養剤を与えないでください。
  • 乾燥しても霧吹き等で直接水分を与えないでください。乾燥が気になる場合は、加湿器などで湿度をあげてください。
  • 水に触れると、耐火性、有害物質の除去、調湿機能などの機能が失われます。
  • 帯電によるホコリは溜まりにくい性質ですが、虫の死骸や目に見えるホコリが付着した場合は、送風機を使用したり、軽く払うなどして取り除いてください。

推奨環境


  • 屋内での使用に限定しております。屋外では使用しないでください。
  • 室内湿度30%以上を推奨しております。
  • 室内湿度が30%以下になると、硬くなり、ボリューム感が失われますが、湿度が上昇すると元の状態に回復します。しかし、低温度下では脆くなりやすくなっているため、手のひら等で圧力をかけると簡単に粉砕されてしまうため、取扱には十分ご注意ください。(図1)
  • 特に冬季は空気が乾燥し、スカンディアモスも乾燥状態となっているため、触れないようご注意ください。
  • 硬くなっていても枯れているわけではありませんのでごあんしんください。
  • 硬くなるのが気になる場合は、加湿器などで湿度を上げてください。
  • 冷温下に置かれるとボリューム感が失われる場合がございます。この時、強い力を加えると茎部分が崩れることがございます。
  • 一度ダメージを受けると繊維が破壊され、湿度や温度が適切になっても元の状態には戻りません。またスカンディアモスがパネルから剥落してしまう場合がございます。(図2)

補修


  • 損傷した場合、損傷した箇所のパネルのみを交換することが可能です。
PAGE TOP